はじめる

イエスに出会った証を書くには

イエスに出会った証の力

あなたには素晴らしいストーリーがあります。あなたの周りの友人や家族に話すべきストーリーです。うまく伝えたいと思いませんか?
神様は、どのようにあなたを癒し、満たし、祝福し、変えてくださいましたか?神様に個人的に出会った話をする時、それに抵抗し、反対する人はほとんどいません。

あなたは、自分のストーリーがあまりドラマティックではないと思うかもしれません。でも、大丈夫。周りの人々は、あなたのストーリーに関心を持ってくれるでしょう。なぜなら、彼らは、あなたに関心があるのですから。

よく準備されたストーリーは興味深いことを覚えてください。ですから、伝えたいことをよく整理し、ベストを尽くしましょう。あなたの人生のうちで、これからずっと用いることになるのですから。あなたがイエスに出会った証を話すたびに、あなたは神様に栄光を帰すのです。神さまはそれを喜ばれます。

イエスに出会った証を書く簡単なステップ

A. まず聖霊の助けを祈り求めましょう。

神さまは私たちのストーリーを私たちよりもよくご存知です。うまく書けるように助けてくださいます。

B. 構成は、3つのステップです。

1. イエス様に出会う前
2. ターニングポイント
3. イエス様に出会ったその後

では、詳しく見ていきましょう。

  1. イエス様に出会う前の生活
    • イエス様に出会う以前の生活は、どうでしたか。あなたが抱えていた主な問題は何でしたか?下のリストを読んで、あなたの問題を考えてみましょう。
      問題のリスト

      • 受け入れられることを切望する
      • 受け入れられることを切望する
      • 大切な存在だと認められたい
      • 平安がない
      • 罪責感
      • 死の恐れ
      • 退屈
      • うつ
      • 人生に満足できない
      • 人生に意味がない
      • 不安、心配
      • グリーフ、悲しみ
      • 惨めさ
      • 希望の無さ
      • 悪習慣・中毒
      • 孤独
      • 不幸
      • 目的がない
      • 葛藤
      • 虚無感
      • 憎しみ
      • 自己中心
      • その他
    • その問題が、あなたの生活でどのように表れていましたか? 問題を少し具体的に説明してください。
    • 問題を繕おうとしましたか。次のリストを読んで、あなたがしたことを考えてください。
    • 問題のパッチ(繕い)リスト

      • 仕事
      • 関係
      • 良い成績
      • 所有物(お金、家、物)
      • 達成
      • ロマンス
      • 支配
      • 知識
      • 技術
      • 経験
      • 逃避
      • 占い
      • 宗教
      • お酒
      • 過食
      • セックス
      • 反抗
      • 怒り
      • 無気力
      • 忙しさ
      • 批判
    • あなたが試したことを、少し具体的に説明してください。
    • それらの試みがうまくいかなくなったのはどのようにして。あなたの必要をどう認識しましたか?
  2. イエス様に出会うターニングポイント
    • イエスさまのことを初めて聞き、考え始めたのはいつですか?
    • イエス様の最初の印象はどんなでしたか?
    • あなたの考え方が変わり始めたのはいつですか。それはどうしてですか。
    • なぜイエスさまを信じましたか?どの様に信じましたか?
  3. イエス様に出会ったその後の生活
    • あなたの生活で特に何が変わりましたか?考え方は?心は?
    • 以前抱えていた問題に対して、イエスさまはどのように助けてくださいましたか?
    • イエスさまとの関係は、今のあなたにとってどの様な意味がありますか?
    • 今も葛藤がありますか?イエスさまがどの様に助けてくださいますか?
    • ストーリーのテーマに則した、まとめの言葉で締めくくりましょう。

C. まとめましょう

次のガイドラインに留意しながら、ノートに上記の流れに従って、言葉や文を順番につなげてストーリーを書きましょう。文字数は1150 – 1250 字です。

  • ストーリー全体のテーマに則した出だしを考えましょう。人の注意を引く興味深い文で始めましょう。(質問、引用、ショッキングな言い回しなど)
  • 他の人が共感できるよう、問題や痛みを説明しましょう。
  • 公の場でのスピーチではなく、友達に話しているように書いてください。
  • イエスさまが何をしてくださったか、具体的に書いてください。
  • 肯定的で真実に。 教会や団体、人々についての否定的な言及を避けてください。
  • 詳細は、興味を抱かせる程度に留めましょう。
  • 聖書の言葉は1箇所より多く入れるのは避けましょう。
  • 説教は避けましょう。
  • 満足できる道理的なまとめで閉めましょう。

D. 編集

それを何回か読んで手直ししましょう。誰かに聞いてもらい、アドバイスしてもらうのは助けになります。完璧でなくても大丈夫です。神様が用いてくださいます。

Copyright © 2018 NewDayToday